Q&A - ご質問

 


 

Q.
石けん洗濯の際、漂白剤を使ってもよいですか?

A.
お使いいただけます。お洗濯中に使用することも、お洗濯の後、すすぎの時に使用することもできます。
塩素系の漂白剤は白い衣類専用です。お洗濯の前に必ず、洋服の裏に付いている「衣類の取扱絵表示」を確認してください。


 

Q.
石けん洗濯の後に柔軟仕上げ剤を使ってもよいですか?

A.
お使いいだけます。衣類やタオルを石けんで洗濯すると、柔らかく仕上がりますが、さらに柔らか仕上げがお好みでしたら、市販の柔軟仕上げ剤をお使いいただいて構いません。

また、空気が乾燥する時期に静電気防止効果を特にお望みの方は、帯電防止効果のある柔軟仕上げ剤のご使用をお勧めします。


 

Q.
粉石けんや液体せっけんをドラム式洗濯機で使いたいのですが

A.
「さらさら振りかけてご使用下さい」

洗濯機メーカーでは、ドラム式洗濯機(一部の全自動洗濯機にも)に、粉石けんや液体石けんは使わないで欲しい旨の注意書きをしている場合があります。
これは、石けん洗剤投入口で石けんが溶けきれずに詰まることや、必要以上に泡が立つことで、センサーが誤って反応する機種があるためです。



ですが、当社では、ドラム式洗濯機は、その洗濯方法と濃い洗濯液で洗濯ができるため、石けんでの洗濯に向いているはずと考えています。
ドラム式洗濯機で粉石けんを使用する際は、洗濯物を入れた後に粉石けんを洗濯槽に直接、1ヶ所に固まらないようにサラサラと振りかけ、洗濯を始めて下さい。
また、液体石けんの場合は、しめらせたタオル等に石けんを適量しみ込ませて、洗濯槽に置いて洗濯を始めて下さい。
液体石けんは溶け残りの心配は全くありませんが、洗剤投入口から注いだ場合、投入口の周りで固まり、詰まることもありますのでご注意下さい。

※ただし、洗濯機の機種によっては、粉せっけんを使用できない場合がありますので、洗濯機の取り扱い説明書をよく読み、確認の上ご使用ください。


 

Q.
ウールや絹は洗えますか?

A.
残念ながら洗えません。石けんは弱アルカリ性で、綿、麻、合成繊維はその影響をほとんど受けないのですが、ウールはアルカリ性になると、繊維の表面のスケール(毛髪のキューティクルにあたるもの)がはがれたり溶けたりして損傷し、特有の風合いが低下してしまうことがあります。

また、絹は繊維の表面のセリシンという物質が溶け、繊維の内部が傷む可能性があります。 ウールより耐アルカリ性に優れてはいますが、もともとデリケートな繊維なので、洗濯後のダメージは強くなります。

お洗濯の前に必ず、洋服の裏に付いている「衣類の取扱絵表示」を確認して下さい。


 

Q.
洗濯機のお手入れ方法を教えてください

A.
「洗濯槽を洗濯後に乾燥させること」や、「すすぎの際にクエン酸リンスをすること」を、 日頃から行っていただくようお勧めしています。これで黒カビの発生を抑えることができます。

黒カビが発生してしまった場合は、市販の洗濯槽クリーナーか粉末酸素系漂白剤で洗濯槽を洗ってください。

洗濯機によっては、「洗濯槽洗浄」コースを備えたものがありますので、その場合は洗濯機の説明書に沿って洗ってください。
塩素系漂白剤を使用するという手もありますが、酸素系に比べて取り扱いに注意が必要なこともあり、当社では粉末酸素系漂白剤で洗うことをお勧めしています。


 

Q.
石けんで洗うと黄ばむことがあるのはなぜですか?

A.
石けんカスと洗い残された皮脂汚れが原因です。

石けんカスや洗い残された皮脂汚れは、石けんカスが分解すると油脂に戻ってしまいます。 これが衣類の上に残ると黄ばみや臭いの原因となります。