ミヨブロ 記事一覧
電話注文受付 TEL: 0570-017-610 平日10:00-12:00/13:00-15:00(土日・祝日除く)

ミヨブロ 記事一覧

脂漏性湿疹には無添加石鹸がおすすめ 再発防止のためにできるケアとは

鼻の周りや頭皮にできる脂漏性湿疹。つらい痒みを伴うこともあります。「炎症を起こしてメイクができない」「繰り返し再発している」。脂漏性湿疹は簡単に治らないばかりか、慢性化することもある厄介な皮膚炎です。そんな悩みを抱える人は、毎日の洗顔時に無添加石鹸を使ってみてはいかがでしょうか。

このページでは、慢性的に脂漏性湿疹に悩まされている方に、無添加石鹸を使ったスキンケアの方法をご紹介しています。

脂漏性湿疹の再発を防止し、痒みや炎症がない健康な肌を取り戻す手がかりをつかむきっかけにしてみてくださいね。

 

脂漏性皮膚炎の原因は「真菌」

脂漏性皮膚炎とは

脂漏性皮膚炎は、鼻の周りや頭皮など皮脂の分泌量が多い部分に起こる皮膚炎のひとつです。そもそも皮脂は肌や髪をダメージから守り、潤す働きがありますが、分泌量が多いと脂漏性湿疹の原因になる場合があります。

脂漏性皮膚炎は、肌に常在しているカビの一種が皮脂の影響で増えすぎてしまい、炎症や痒みを起した状態です。皮膚が荒れたり、ポロポロと剥がれ落ちたり、頭皮ならフケが大量に出たりします。

他の皮膚炎と見分けにくいため、脂漏性湿疹と気づかないまま悩んでいる人もいるようです。脂漏性湿疹はきちんとした治療とスキンケアをしないと、繰り返し症状が出て慢性化するケースも少なくありません。

もし、肌に異常を感じたら早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

 

脂漏性皮膚炎の原因

脂漏性皮膚炎の原因は肌の常在菌である「真菌」と呼ばれるカビです。普段は無害な真菌ですが、生活習慣の乱れなどで皮脂の分泌量が増えると、それらをエサにして急激に増えてしまうことがあります。

脂漏性湿疹は、真菌が増えすぎたことが原因で痒みや炎症を起こした状態です。症状が出やすいのは頭皮や鼻の周りですが、人によっては胸や背中に広がることもあります。

真菌はもともと誰もが持っている菌なので、なくすことはできません。しかし、エサになる皮脂をコントロールすることで、脂漏性湿疹を予防できる可能性はあります。


脂漏性皮膚炎の再発防止に無添加石鹸をおすすめする理由

まずは皮膚科へ行こう

脂漏性湿疹の症状は肌荒れや痒み、赤みなので、保湿クリームやかゆみ止めなどで対応できると思う人もいるでしょう。しかし、一度増殖してしまった真菌をおさえるには、皮膚科に行くのがベターです。

一時的に緩和したと思っても脂漏性湿疹は再発することも多い皮膚病です。皮膚科での脂漏性湿疹の治療には、抗真菌薬などの塗り薬を処方するのが一般的です。

塗り薬で真菌の増殖をおさえながら、洗顔料を自分のお肌にあったものへ変えることで肌環境を改善していきましょう。

 

脂漏性湿疹はお肌のケアと規則正しい生活で改善

脂漏性湿疹が発症している時のお肌のケアには、真菌のエサとなる皮脂を適度に抑える無添加石鹸がおすすめです。無添加石鹸なら、余分な皮脂と汚れはさっぱり落とし、適度に必要な皮脂を残してくれます。天然由来の成分だけを使ったシンプルな無添加石鹸は肌にやさしいので、脂漏性湿疹で弱ったお肌にも安心して使用できるでしょう。

余計な皮脂を抑えるためには、洗顔以外にも日常生活のなかで気をつけたいことがいくつかあります。

  • 栄養バランスのよい食事
  • きちんと紫外線対策をする
  • 睡眠をしっかりとる

脂漏性湿疹の人は油っこい食事を減らし、ビタミンB群やビタミンCを多くとる食事を心がけるようにしましょう。油っこい食事は皮脂の分泌量を増やし、真菌を増殖させることにつながります。野菜や果物に多く含まれるビタミンは皮膚の代謝を改善し、ダメージの回復をスムーズにする作用が期待できます。

紫外線や睡眠不足は肌に悪影響を与えるため、早く脂漏性湿疹を改善するためにも規則正しい生活とケアをしっかりするようにしましょう。

 

ミヨシの無添加石鹸は脂漏性皮膚炎にもおすすめ

無添加 泡のせっけんシャンプー

ミヨシの「無添加 泡のせっけんシャンプー」は地肌から髪の健康を整えます。プッシュするだけでクリーミィな泡が出てくるので、摩擦によるダメージも抑えられます。

また、「弱酸性せっけん用リンス」を併用すれば、せっけんシャンプーでアルカリ性に傾いた髪をクエン酸の力で弱酸性に中和することができます。

せっけんシャンプーのきしみが気になるという方は、ぜひ「弱酸性せっけん用リンス」を仕上げに利用してみてください。

 

無添加 泡の洗顔せっけん

クリーミィな泡がプッシュするだけで出てくる「無添加 泡の洗顔せっけん」。余分な皮脂をスッキリ落としながら、必要な潤いは逃がさないようにします。

敏感肌やアレルギー体質の人でも使用できる無添加の洗顔せっけんなので、安心してお使いいただけます。

 

 

石鹸素地とは?無添加石鹸に含まれる成分について解説

敏感肌の方だったり、小さいお子様がいる家庭では、ふだん使っている石鹸にどんな成分が入っているか気になりますよね。肌に優しいといわれている無添加石鹸ですが、成分表を見てみると「石ケン素地」と書かれています。この石ケン素地とは何のことでしょうか。

このページでは石ケン素地に焦点を当て、具体的な成分や製造方法について説明していきます。

記事を読むことで石ケン素地をはじめとする無添加石鹸の成分を知ることができます。肌になるべく負担をかけない石鹸を探している人は、参考にしてみてくださいね。

※商品パッケージの全成分表示を脂肪酸レベルまで分解して表記しているミヨシ石鹸では、「石ケン素地」を「牛脂脂肪酸Na、パーム核脂肪酸Na、水、グリセリン、塩化Na」表記しています。


ここでは、一般的な「石ケン素地」について解説しています。


石鹸についての基礎知識

石ケン素地とは?

石ケン素地とは石鹸の成分のことで、洗浄成分のひとつです。一般的に市販されている石鹸は、石ケン素地に香料や着色料などを加えて作られています。

石ケン素地を化学的に言うと「高級脂肪酸のアルカリ塩」です。もう少し詳しく説明すると、主に炭素数が12から18の高級脂肪酸に、アルカリを加えて反応させてできたものになります。これには界面活性作用があり、汚れや脂を落とすのに役立ちます。この作用が、体の汚れを落とす石鹸としての働きをします。

 

石鹸の製造方法

石鹸の製造方法は大きく分けて三つあります。けん化法、中和法、エステルけん化法です。

 けん化法は、油脂にアルカリを加えて作ります。これは昔ながらの職人さんが作ってきた方法です。油脂を加熱してアルカリを混ぜながら反応させる製造方法です。

中和法は、脂肪酸にアルカリを加えて作る方法です。原料の油脂を精製・分解・蒸溜し、取り出した脂肪酸にアルカリを加えて、中和させて作ります。この方法は大量生産にも向いています。

また、エステルけん化法という方法もあります。これは油脂にメチルアルコールを反応させて脂肪メチルエステルを作り、これにアルカリを混ぜ、けん化して作る方法です。




石鹸の成分とは

では石鹸はどんな成分からできているのでしょうか。順番にみていきましょう。

脂肪酸と油脂

石ケン素地は脂肪酸を原料として作られています。石鹸に適した脂肪酸としてよく使われているものは、ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、オレイン酸などです。これら脂肪酸の種類によって、洗浄力や泡立ちやすさなどが異なります。どのような石鹸を作るのか、石鹸の特徴に合わせてこれらの成分をいくつか組み合わせて使用します。

 脂肪酸にはもっと色々な種類がありますが、先ほどもお話ししたように主に炭素数が12から18の脂肪酸を使います。なぜなら、炭素数10以下の脂肪酸では洗浄力が弱く、また20以上では水に溶けにくくなり、石鹸に適していないためです。

成分には、脂肪酸ではなく油脂が記載されているものもあります。油脂は、牛脂、ヤシ油、パーム油、オリーブ油、ツバキ種子油、馬油などです。実は、脂肪酸は油脂から取り出されます。そのため脂肪酸ではなく、もともとの原料である油脂の名前が書かれていることがあるのです。

 

アルカリは2種類

石鹸の原料となるアルカリには、水酸化ナトリウムと水酸化カリウムがあります。通常どちらか一方を使いますが、使用するアルカリの種類によって出来上がる石ケン素地の特徴も異なります。 

水酸化ナトリウムは固形石鹸を作る際に使われます。成分欄には「石ケン素地」と表記されます。

水酸化カリウムが使われるのは、液体石鹸を作るときです。一般的に市販されているボディソープにはこちらが使われています。なぜなら水酸化カリウムを使った石鹸は水に非常に溶けやすい性質を持っているためです。成分欄には「カリ石ケン素地」と表記されます。

 

成分表示を見てみよう

メーカーや製品によって異なる成分表記

成分表への表記のしかたは、メーカーや製品によって異なります。石ケン素地カリ石ケン素地と書かれているものもありますし、それぞれの脂肪酸や油脂の名前を細かく表記している商品もあります。

脂肪酸や油脂の名前でも、アルカリを加えて反応させる前の成分の名前が書かれていることもあります。例えば、脂肪酸ならラウリン酸やパルミチン酸、油脂ならパーム油などです。 

反対に、アルカリと反応したあとの成分の名前で書かれているものもあります。水酸化ナトリウムと反応させた後の成分であるラウリン酸Na(ナトリウム)、パーム核脂肪酸Na、水酸化カリウムと反応させた後のパルミチン酸K(カリウム)などです。

 

ミヨシの成分表記

ミヨシ石鹸では、国際基準に基づいて原料由来の脂肪酸レベルまで分解して表記をしています。

添加物は一切入っていない無添加石鹸を、ぜひお試しください。





ミヨシの無添加石鹸ってどう?口コミを集めてみました

無添加石鹸を使ってみたいと思っていても、無添加石鹸の種類が多すぎて選べない…という方も多いと思います。「無添加」と表記されていても添加物が入っている石鹸も存在しますので、本当にお肌に優しい無添加石鹸はどのようにして選べばよいのでしょうか。

このページでは「ミヨシ石鹸」をご使用いただいているみなさまからの口コミを集めてみました。実際にミヨシ石鹸の商品をお使いいただいた声をそのままご紹介することで、ミヨシ石鹸がどんなものか伝わればと思います。

無添加石鹸選びにお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。


「本当の無添加」にこだわる安心のミヨシ石鹸

ミヨシ石鹸は、原料、製法などにこだわっています。「一部無添加」や「旧指定成分無添加」ではなく、化学物質を一切含まない無添加を追求し続ける石鹸メーカーです。

 

使用するものは天然由来の成分のみ

ミヨシ石鹸で作られている「無添加 白いせっけん」は、多くの方にお使いいただいているロングセラー商品です。グレードの高い食用の精油を使用して作られており、合成の界面活性剤などは一切含んでいません。ピュアな成分だけで作られた無添加石鹸です。

成分表示は脂肪酸レベルまで

ミヨシ石鹸の製品は、成分表示に脂肪酸レベルまで細かく記載しています。これは、消費者の方に安心してお使いいただくための取り組みです。


愛用者のみなさんからの口コミをご紹介

ここでは、ミヨシ石鹸の人気商品の口コミをご紹介します。良かった点だけでなく、少し気になるポイントや、使用感など実際にご利用いただいた方だからこそわかる意見をピックアップしました。これから使ってみようと考えている方の参考にしてみてください。

 

ロングセラー「無添加 白いせっけん」

この石鹸は良いですよね 使った後 肌が違います。

〇余分なもの(香料も)が入っていないので肌に無駄な負担がかかりませんが、石鹸なので洗浄力は高いです。水切れもいいです。また、洗顔のみに使っていれば三か月くらいはもつのも経済的でいいです。

皮膚科の先生に、固形せっけんで洗うほうがよいとお聞きし、肌が弱い子供のために購入。安心して使えるので、何度もリピしています。

ミヨシ石鹸の代表作とも言える「白いせっけん」は素材にもこだわり、グレードの高い食品用の精油を使用しています。天然由来の素材のみを使用しているので、生まれたての赤ちゃんからお年寄りまで安心して使える無添加石鹸です。

 

子供も使いやすい「無添加 せっけん泡のハンドソープ」

長期手指湿疹で無添加でもほとんどのソープは少ししみたりしましたがこちらは大丈夫。しみませんでした。

〇2、3年前から使用していますが、敏感肌の私でも症状が出ることなく問題なく使用できています。

〇土いじりした時の汚れもきっちり落ちます。匂いも気にならないのでいいと思います。

お肌に優しいだけでなく、汚れもしっかり落とすことができるハンドソープです。最初から泡で出てくるので、自分で石鹸を泡立てるのが難しい小さなお子さんも使いやすいです。

 

さっぱりした洗いあがりの「無添加 せっけんシャンプー」

さっぱり洗える。変なクセもなく、ナチュラルなシャンプー。良い商品だと思います。

〇品質にこだわりがあるのは、調べるほど感じ取れると思いますので頭皮、肌トラブル等で無添加のものを検討されてる方には有力な候補になってくる商品だと思います。

〇やはり石鹸シャンプーなので髪の毛は洗い上がりにキシキシ感が出ますが同社製 弱酸性せっけん用リンス をつかえばふんわりとした髪に仕上がりきしみは綺麗に解消されました^^

地肌、髪の健康を考える方におすすめの「無添加 せっけんシャンプー」です。石鹸成分でできたシャンプーは、敏感肌の方も安心して使用できます。口コミにもありましたが、専用のリンスを一緒に使うと洗いあがりも良くなります。

 

ミヨシ石鹸のTwitterではさまざまな情報を発信

ミヨシ石鹸では、Twitterの公式アカウント(@MIYOSHI_soap)から、商品に関するQ&Aやキャンペーン、暮らしにまつわる情報などを発信しています。

https://twitter.com/MIYOSHI_soap/status/1316619815944179712?s=20

 

お客さまからの口コミやコメントもいただいておりますので、ぜひ一度のぞいてみてくださいね。

https://twitter.com/kenpapa5816/status/1314115637317308416?s=20

https://twitter.com/MIYOSHI_soap/status/1308600642810728448?s=20







どこで買える?市販されているおすすめの洗顔石鹸を紹介

「洗顔石鹸を使ってみたいけど、どこに売っているのかわからない」「ネット通販ではなく、できれば実際に手に取れるところで買いたい」。洗顔石鹸は身近なドラッグストアなどで購入することができます。では、洗顔石鹸を選ぶときはどのような点をチェックして購入すればよいのでしょうか。

このページでは市販の洗顔石鹸を購入するときの選び方や、おすすめの洗顔石鹸を紹介しています。

記事を読むことで、市販されているおすすめの洗顔石鹸や自分にあった石鹸を選ぶ手がかりが得られます。


市販の洗顔石鹸はどこで購入できる?

洗顔石鹸はドラッグストアなどで購入できる

市販されている洗顔石鹸は、ドラッグストアなどで購入することができます。洗顔石鹸の中には通販でしか購入できない商品もありますが、身近なドラッグストアやスーパー、百貨店などでも洗顔石鹸を手軽に購入することができます。


さまざまなタイプがある洗顔石鹸

市販されている洗顔石鹸には「固形」「クリーム・ジェル」「パウダー・泡」など、さまざまなタイプがあります。

たとえば、固形タイプの洗顔石鹸は油分量が少なく、洗浄力が強いことが特徴です。洗い上がりは少し突っ張る感じがあるので、保湿などのスキンケアをしっかりとすることをおすすめします。

洗い上がりの突っ張った感じが苦手な方には「クリーム・ジェル」タイプの洗顔石鹸がおすすめです。固形タイプよりも泡立ちやすく、美容成分や保湿成分を含んでいる商品がたくさんあります。

毛穴の奥に詰まった汚れを取り除きたい人には「パウダー・泡」タイプがよいでしょう。きめ細やかな泡が毛穴の汚れに吸着し、優しくしっかりと洗浄してくれます。


洗顔にも使えるミヨシ石鹸のおすすめ商品

無添加 泡の洗顔せっけん

きめ細やかな泡が特徴の無添加石鹸です。泡のフォームになっているので泡立てネットを使って泡立てる手間が省けます。刺激に弱い敏感肌の方でも安心して使えるように、合成界面活性剤や着色料、香料などの添加物は一切配合していません。

肌表面についた汚れや余分な皮脂はすっきりと洗い落とす一方で、肌に必要な皮脂まで取り除いてしまうことなく、うるおいを保ちながら洗い上げます。


無添加 白いせっけん

ベストセラーのミヨシの「白いせっけん」ハイグレードな食品用天然油脂を使用して、本釜焚き製法で作られた無添加石鹸です。

「白いせっけん」は、赤ちゃんからお年寄りまで、家族みんなでお使いいただける石鹸です。合成界面活性剤、香料、着色料は配合されていません。


無添加 泡で出てくるベビーせっけん

赤ちゃんの肌をいたわる無添加石鹸です。ポンプをプッシュすれば泡で出てくる泡フォームタイプなので、沐浴の際にも便利。赤ちゃんも使える無添加石鹸なので、敏感肌や乾燥肌で悩む大人の方も安心して使っていただくことができます。合成界面活性剤や着色料、防腐剤は一切配合していません。

ミヨシ石鹸は容器の原料にもこだわりを持ち、サトウキビ由来のバイオマスプラスチックを使用しています。肌にも環境に優しい商品です。

 

洗顔石鹸の選び方

普通肌ならアミノ酸

普通肌の人には、アミノ酸を配合した洗顔石鹸がおすすめです。アミノ酸はに肌のサイクルを活性化し、肌質を保つ働きがあるからです。季節や環境に左右されず、水分と油分のバランスを適切に維持できる肌に整えてくれます。


乾燥肌・敏感肌は保湿重視

乾燥しやすく、刺激に弱い肌には、保湿成分が配合された洗顔石鹸がおすすめです。コラーゲンやセラミドなどの保湿成分が含まれているものを選ぶとよいでしょう。


オイリー肌にはパームオイルがおすすめ

肌のテカリが気になる方は、パームオイルが配合されている洗顔石鹸がおすすめです。パームオイルを含んだ石鹸は、必要な皮脂を残して洗浄してくれるので、その後の乾燥による過剰な皮脂分泌を防止することができます。

肌に優しく、しっかり洗浄してくれる洗顔石鹸。身近なドラッグストアなどでもさまざまな洗顔石鹸が販売されています。自分の肌質に合わせて洗顔石鹸を選んでみてくださいね。






ビニール肌とは?無添加石けんで肌本来の健康を取り戻そう

赤みやヒリヒリする症状がつらいビニール肌。「顔全体が痛い」「化粧をするのもつらい」。ビニール肌は、スキンケアのしすぎで肌の機能がダウンしている状態です。

そこで、毎日のお手入れにシンプルな無添加石鹸を選んでみてはいかがでしょうか。ビニール肌の改善に無添加石鹸が良いといわれるのはなぜでしょうか。

このページでは、ビニール肌とはどのような症状なのか、ビニール肌のケアはどうしたらよいのかをご紹介します。おすすめの無添加石鹸もご紹介しますので、ぜひ最後まで読んでみてください。


ビニール肌とは?
 

 

ビニール肌の症状

ビニール肌とは、スキンケアやお化粧などで肌に刺激を与えすぎた結果、角質が剥がれて肌が薄くなってしまう肌トラブルをいいます。見た目にはツルツルなのできれいに感じますが、実際にはかなり肌が弱った状態です。

正常なお肌は肌理(キメ)がありますが、ビニール肌にはないので油脂のコントロールがうまくできなくなっています。悪化するとケロイド状のようになったり、肌がヒリヒリして痛んだりするため、日常生活にも影響を及ぼすことがあります。

ビニール肌の原因になる行動

毎日の誤ったスキンケアや生活習慣は、ビニール肌の原因になります。

  • お肌の洗いすぎ
  • ピーリング
  •  小鼻パック
  • 肌に合わないメイク
  • ストレス
  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • 栄養バランスの偏り

肌はもともと健康な状態を保つための耐久力を持っています。過度なスキンケアやストレスなどは、肌が持つ正常なサイクルを壊す原因になることがあります。

上記のような行動が積み重なることで肌の必要な油分が奪われ、ちょっとした刺激にも耐えられなくなり、角質層が剥がれ落ちた状態がビニール肌です。



無添加石鹸はビニール肌改善に効果あり

 

ビニール肌を改善する3つの重要なポイント

ビニール肌を改善するには3つの重要なポイントがあります。

  • 肌に刺激を与えない
  • しっかり保湿をする
  • 洗いすぎない

ビニール肌を改善するためには、時間をかけてお肌の機能を取り戻す「角質培養」をする必要があります。角質培養とは、スキンケアをなるべくシンプルにして本来の肌の力を取り戻し、少しずつ正常な状態にしていくことです。

洗顔は無添加石鹸か、メイクをしていない場合はぬるま湯だけで丁寧に洗うとよいでしょう。無添加石鹸は肌にやさしく、汚れを落としながら適度に油分を残すことができます。

また、ビニール肌で赤みや腫れが出ている場合は、皮膚科の受診も検討してみてください。病院で処方される保湿効果の高い塗り薬は、症状の緩和に役立ちます。ビニール肌自体は時間をかけて改善する必要がありますが、痛みを伴う場合は無理をせず、医師と相談しながら改善策を探していきましょう。 

###ビニール肌におすすめできないケア

無添加石鹸の洗顔やスキンケアで角質培養をおこなっていても、誤った刺激を肌に与え続けているとビニール肌が改善されないケースもあります。ここでは、ビニール肌におすすめできないケアをご紹介しましょう。

  • ピーリングやスクラブを使う
  • 肌を乾燥させる
  • マッサージなどで肌をこする
  • 過度なメイク
  • 日焼けをする

毎日使う化粧品は刺激が少なく、落としやすいものを選ぶとよいでしょう。スクラブ入りのクレンジングや毛穴パックのような肌に負担がかかるものも避けたほうが無難です。メイク落としの際は無添加石鹸を使って、たくさんの泡で優しくなでるように洗いましょう。
洗顔したあとは、タオルやティッシュを使って水滴を取る程度に抑えて拭くようにします。ビニール肌には肌の乾燥もよくありませんので、すぐに保湿をするようにしましょう。
また、角質を剥がす行為はしないことが重要です。角質培養中は角質が薄く弱いので、少しの刺激で剥がれてしまうことがあります。ビニール肌は刺激に弱いので、紫外線対策を十分におこない、日焼けをしないように注意しましょう。

 

ビニール肌におすすめの無添加石鹸

 

ビニール肌の洗顔に無添加石鹸が良い理由

ビニール肌はシンプルなケアを続けることで、少しずつ改善していきます。とくに洗顔用の石鹸は、高級アルコール系の合成界面活性剤や添加物などが使われていない商品を選ぶとよいでしょう。

化学物質を一切使わない無添加石鹸は、ビニール肌を改善するのに役立ちます。無添加石鹸も洗浄力は強めですが、たっぷりの泡で丁寧に優しく洗うことで肌を正常な状態に整える効果が期待できます。なお、無添加石鹸を利用する場合は、顔に石けんカスが残らないよう、入念にすすぎをおこなうとよいでしょう。 

おすすめはミヨシの「無添加 泡の洗顔せっけん」

ビニール肌にはミヨシ石鹸の「無添加 泡の洗顔せっけん」がおすすめです。

ポンプをプッシュするだけで、きめが細かいクリーミィな泡が出てくる泡フォームタイプの洗顔石鹸。デリケートなお肌を泡で包み込み、やさしく洗い上げることができます。お肌の弱い方や敏感肌の方におすすめです。