Q&A - ご質問

 


 

Q.
どのような汚れに「重曹」「クエン酸」を使ったらよいですか。

A.
重曹はアルカリ性の性質を持っているため、お台所の油汚れ、皮脂、手垢汚れ等、酸性の汚れを落とすのに向いています。水に溶けにくい性質がありますので、研磨剤としてもお使いいただけます。また家の中あちこちの消臭剤としてお使いいただくのもお勧めです。冷蔵庫の中、生ごみのゴミ箱、排水口、下駄箱等あちこちにお使いいただけます。
クエン酸は酸性の性質を持っており、シンクのカルキ汚れ、水垢、湯垢などアルカリ性の汚れを落とすのに向いています。

重曹もクエン酸も、酸とアルカリの中和反応を利用して汚れを落としていきます。化学の実験のようで楽しいですよ!ぜひ一度お試しください。


 

Q.
重曹、クエン酸を使ったら、シンクやタイルが白くなってしまいましたが…。

A.
水道水中に含まれる、微量のケイ酸やカルシウム・マグネシウムなどが、長い間に少しずつ落ちにくい白っぽい水アカとなり、キッチンシンクやタイルに付着するためです。

ふだんは油汚れや石けんカスなど他の汚れに混じって目立ちませんが、クエン酸や重曹で掃除をすることにより、他の汚れが落ちたため、白っぽい水アカが残り、白く目に付くようになったものと考えられます。

この水アカを取り除くには、クリームクレンザー等で、ていねいに根気良くこすり落とす方法しかありません。

重曹せっけんや重曹、クエン酸の濃い液や粉のまま使用するのも良いでしょう。
その際はスポンジをラップ等でくるみ白くなった所をていねいにこすります。
スポンジをラップでくるむのは、重曹せっけんや重曹、クエン酸、クレンザーの粒がスポンジに入り込んで、効果が弱まるのを防ぐためです。

表面を傷つけず、仕上がりを美しくするため、根気よく丁寧に、同じ方向にこするのがポイントです。

手荒れが気になる方は、炊事用手袋の着けるのをお忘れなく。
水アカの付着を防ぐためには、ふだんから、クエン酸等でのシンクやタイルのお掃除や、 使用後水滴をふき取っておくことをお勧めします。


 

Q.
食器洗い石けんで洗った後、食器がヌルヌルする感じがとれませんが、何かいい方法はありませんか?

A.
1.洗う前に汚れを拭き取りましょう。 マヨネーズ、ソース、ドレッシング等の酸性汚れや油汚れは、洗う前に布やヘラで拭き取っておくと、洗うのが楽になり、排水も汚しません。

2.スポンジをしっかり泡立てて。
水で濡らしたスポンジに直接石けんをつけて、よく泡立てます。
洗っていて泡が消えてきたら、石けんを足してください。

石けんが泡立ちやすいのは、目が粗く空気を含みやすいタイプのものです。
アクリル毛糸を使い、自家製の手編みタワシを作る方もいらっしゃいますが、石けんが少量でも、よく汚れが落ち、茶しぶ、ガラスの曇りなどをよく除去してくれます。
繊維の性質上、水や汚れを内部に吸収しないので、清潔に使えます。

3.洗った食器は重ね置き、すすぎは流水で。
洗った食器はいったん重ね置きします。せっかく落とした汚れが再び付着することを避けるために、溜めすすぎはせず、水を張った洗い桶に1枚ずつ食器をくぐらせます。水にくぐらせた食器は、最後に流水でさっとすすぎましょう。