Q&A - ご質問

 


 

Q.
人の肌は弱酸性なのに、弱アルカリ性の石けんで洗って肌に悪くありませんか。

A.
弱アルカリ性の石けんで洗ったからといって、弱酸性の肌がそのままアルカリ性になってしまうわけではありません。石けんで洗った後すすぎをしっかり行えば、肌はほどなく中性になり、やがて皮膚から分泌してくる皮脂成分などにより、自然に弱酸性にもどっていきます。

また「汚れを落とす」というスキンケアの基本に立てば、弱酸性より弱アルカリ性のほうがすぐれています。皮膚などの汚れをよく落とし、厚くなった古い角質をはがしやすくしてくれます。余談ですが、『美人の湯』と呼ばれる温泉はどれもアルカリ泉。アルカリ性の泉質は、肌を透明にする「美肌効果」があるといわれています。


 

Q.
石けんでメイクは落とせるのでしょうか?

A.
「メイク落とし(クレンジング剤)」で落とすことを基本にしてください。

特にマスカラやアイラインなどのポイントメイクや、水や汗に強いウォータープルーフタイプの化粧品をお使いの場合は、メイク落としをお使いください。
ただし薄いメイクなら、石けんの2度洗いで落とすこともできます。

よく泡立て、泡で肌を包み込むようにして洗ってください。ゴシゴシ洗いは肌を傷めるので禁物です。


 

Q.
石けんシャンプーで洗うと髪がギシギシするのはどうしてですか?

A.
毛髪の表面はキューティクルといわれるうろこ状のもので覆われています。
弱アルカリ性の石けん水にひたされると、キューティクルは開く性質があり、シャンプーの後、髪がきしむ原因となります。

キューティクルが開いた状態で髪を洗うと、石けんは開いたキューティクルの間の汚れも洗い出しますが、すすぎ時に石けん液が髪からなくなると、キューティクル同士が絡み合い、 キシキシした指どおりの悪い状態になってしまいます。
このとき髪は石けんの弱アルカリ性に傾いているので、弱酸性のリンスで軽くすすぐと、きしみは大きく改善され、髪はしっとりした状態に仕上がります。


 

Q.
石けんシャンプーはカラーリングとパーマに良くないのですか?

A.
カラーリングした髪を石けんシャンプーで洗うと、色落ちが早まることがあります。
また、パーマをかけた後、石けんシャンプーで洗うとかなりゴワゴワすることや、パーマが早くゆるむこともあります。